• ホーム
  • 糖尿病は「治る」なんてことあるの?

糖尿病は「治る」なんてことあるの?

糖尿病と診断をされたら、ずっと薬を飲まないといけないのか?と思っている人も少なくありません。
コントロールさえよかったら、内服薬をとめることもできます。
ただ糖尿病に限っては治るということはないと考えておいた方がいいと言えます。
その理由をここでご紹介していきます。
糖尿病は生活習慣病と呼ばれるものです。
その人の生活環境や食生活に影響を受けやすく、一度糖尿病と診断されたら、長期にわたってコントロールすることが必要となります。
また若いうちは体の代謝機能も問題なく甘いものを摂取していても、糖なんて出なかったという人も高齢者になると体の機能全体が落ちていくために糖尿病と診断されることも多くなるのです。
一般的に診断されたら、食事療法を開始、また糖尿病薬を内服し始めることも少なくありません。
そして定期的に受診をして血糖値を測定し、様々な二次障害が出てこないようにコントロールをしていかなくてはいけないのです。
コントロールがうまくいけば、血糖値は改善し、内服薬を減量、あるいは中止することが可能な場合もあります。
しかし糖尿病の場合は、薬をやめたからといって治ったとはいえないのですね。
それは治るという定義があいまいだからです。
糖尿病に関しては、生活習慣病であるため生活習慣が乱れるとまた血糖値が高くなる可能性があります。
そのため一生涯コントロールが必要な病気なのです。
また糖尿病の人は、基本的な気質を持っていることがほとんど。
例えば自然と甘いものを食べる傾向になる、運動が好きではない。あまり動かない生活をしているなどなど。
そのような気質があるので、生活習慣を整えて血糖をコントロールするということが重要なのです。
そのため病院の医師も糖尿病が治ったとは、言うことはほとんどないでしょう。
コントロールが良好なので、内服薬を中止することは可能ですが、コントロールが乱れたら、また血糖値も上がる可能性はあるという危険性をいつも説明するはずです。

糖尿病を改善する日常生活とは

尿病は血糖値が高くなりすぎたり、血糖値が高い状態が長く続くことが体に悪影響を及ぼす病気です。
そのため、血糖値をなるべく正常範囲内でコントロールすることが病状の改善につながります。
ですから、生活の中では常に血糖値が高くならないような生活を心がけると良いでしょう。
糖尿病の人はカロリーの高いものや甘いものが好きな人が多いと思いますが、そういった食べ物は血糖値を一気に上昇させて糖尿病の病状を悪化させてしまいます。
そのため、できるだけ甘いものを控えたり、食事や間食などから摂取するカロリーを抑えるような食生活をするようにしましょう。
食事は糖尿病の病状と深い関連があるので特に重要ですが、血糖値が上がらないようにしながらも栄養のバランスを整えることも健康のために必要なことです。
必ず栄養バランスのとれた食事内容にするように気をつけて、食べ過ぎないようにしてなおかつ、カロリーオーバーをしないようにしていきましょう。
糖尿病は年齢を重ねていくと発症しやすくなると言われていますが、60歳以上の場合には、5~6人に1人が糖尿病を発症しているという報告もあります。
それほど高齢者の糖尿病が増えており、さらに高齢者の場合には他の持病を持っていることが多いため、いくつもの病気を同時に発症しているという人も多いようです。
糖尿病は他の病気の症状を悪くすることもある病気なので、完全に治ることはないとわかっていても、病状が悪化しないよう生活の中で気をつけるに越したことはありません。
食事以外では定期的に体を動かして運動をする習慣をつけることが重要です。
運動をして脂肪が燃焼されれば体重も減り、糖尿病による症状の改善が期待できます。
糖尿病になってしまった時には、運動についても生活面で気をつけましょう。